絵画パート

古美研4パートのうち、絵画部門を専門とするのが私たち絵画パートです。
ここではいわゆる「日本画」を中心に、壮大な物語を描いた絵巻物や艶やかな浮世絵、大自然をモノクロで描いた水墨画や信仰の様相を描いた仏画、といった様々なジャンルの日本絵画を観て、気に入ったものがあればよりくわしく研究します。
しばしば難しいと遠い目で見られがちな日本画ですが、よくよく観れば、とっても面白い日本画。西洋の巨匠とはまた違った、日本人に”ハマる”平面芸術の趣があります。千年という長い年月を超えて描き続けられてきた日本画は日本人の心と自然に対する繊細な美意識を表すのに最もふさわしいものであるといえるでしょう。

現在、私たちは3回生3人、2回生2人の計5人で日々マイペースにまったり活動しています。日々の『分科会』でパート員の話を聞き、興味・関心の幅を広げ、月に数回催される『見学会』で寺社仏閣・美術館・博物館へ足を運び、時にはみんなでお菓子会をしながらあーだこーだと絵を観た感想をダベってます。もちろん日々の活動や合同見学会で他パート員と交流するのもとても楽しいですし、違った見方も知れます。時には国内旅行で京都以外に散らばる文化財を見に行くこともあります!
いろんなジャンルに興味のある人たちが集まっているので、日々新しく学ぶことばかりです(*´▽`*)
絵画パートは「日本画」に少しでも触れたい接したい人は大歓迎です。知識がなくても全然大丈夫!楽しんで絵画を観ることができればそれで十分です(*^^*)

「研究」といっても、形式ばったものでなく、かわいい動物を描いた作品についてやるのもいいですし、モネやゴッホら西洋画家たちの作品と比較するのもありです!美術館でじっくり作品を鑑賞するのも良いですし、寺社に残された作品を鑑賞するのも良しです。楽しみ方も人それぞれです。ゆる~く柔軟なところが絵画パートの魅力だと思います(*^^*)
あなたも私たちと一緒にここ京都で絵画の知識を深めていきませんか?絵の見方が変わると思いますよ~(*^^*)おいでませ

[2018/03/16]